早漏は解決出来ます!

日本人の約8割の方が早漏?

セックスの際ペニスを膣内に挿入してすぐに我慢できずに射精してしまうことを早漏といいます。
よく聞く言葉ですが、実はこれはれっきとした性的機障害の一つなのです。

 

早漏はED(勃起不全)と同様に、日本人男性の大半が抱えている問題です。
程度の差はありますがおよそ日本人の約8割の方が早漏に悩んでいます。

 

早漏は「早く射精してしまって恥ずかしい」というだけの問題ではありません。最近では早漏が原因でセックスレスや破局・離婚など相手女性との不仲に繋がるケースもよく聞きます。

 

生活習慣病を改善したり、ストレス解消につとめ運動したりするのも効果はありますが、医薬品を利用するなどにより早漏は改善・防止することが可能です。

 

相手女性のことを思うのならば早漏はすぐにでも改善すべき問題です。
早漏は決して自分だけの問題ではないことを認識しましょう。
早漏を改善することにより自信もつき、仕事も家庭環境もいい方向に向かいます。

 

早漏の定義

 

以前は早漏には明確な定義はありませんでした。
現在は国際性機能学会により国際的な定義が定められています。

 

 毎回あるいはほぼ毎回の頻度で膣内挿入後1分以内、または挿入前1分以内に射精してしまうことと。

 

 射精をコントロールできないことへのストレスや悩み、苛立ちなど精神的な負担を感じ、セックスを避けている状態。

 

射精が挿入するしないに限らず、いつも1分以内の方は早漏です。
またペニスを膣に挿入後、射精を遅らせる、我慢することがほとんどできない方も早漏です。

 

そのためセックスを苦痛に感じたり、欲求不満になったり、セックスそのものを避ける悪い状況に陥ります。

早漏の勘違い

AVビデオを見たことがある方もいるでしょうが、男優がペニスを女性の膣への挿入し20分から30分以上も激しくピストン運動しそれからやっと射精する場面があります。
これを見て『他の人はこんなに長い時間平気なのかな?』と思われる方もいるみたいですが、これは間違いです。
1カットで撮っているいるのではなく、何カットかをつなげて連続しているように編集しています。

 

中には本当に凄いAV男優もいるみたいですが、一般的にはAVに出演している男優がすべて毎回20分も30分も持ちません。

 

日本人の持続時間の平均は、動かし方にもよりますが18歳から30歳までの方は約5・6分から8・9分といわれています。
世間一般では、やはり挿入から射精まで3分以下なら早漏と思われています。

 

問題はセックスをすることにより、精神的、肉体的に満足することができれば時間が短くても大丈夫です。
相手の女性が満足するか、しないかです。

 

やはり挿入時間は5分〜10分は欲しいものです。

 

また、亀頭を棒でたたいたり、熱湯や冷水につけて「鍛える」というのは、都市伝説で、現実には効果はありません。そういう事をすると鍛えるどころか陰茎海綿体を傷めるおそれのある有害な行為です。ぜったにやってはいけません。

早漏の改善する医薬品があります

あとで解説しますが、早漏を改善する方法はいくつかありますが、即効性のある方法は原因を知ることでその対策をすることです。

 

亀頭が敏感な方
ペニスを女性の膣内に挿入すると、急激に快感に襲われ我慢できず射精してしまう方がいます。これらの症状の方は何通りかあります。

 

@包茎の方
 成人すると包皮が後退して亀頭がむき出しになりますが、日本人は包皮は長い方が多いので仮性包茎の方も含めると約二人に一人の半数の方が該当します。
 亀頭がむき出しになれば、通常の生活でも亀頭がパンツにこすられ刺激に強くなるのですが、包茎の方は包皮で守られている為、刺激に敏感になってしまう方が多いようです。

 

A若い方が多いのですがセックス経験が少ない方
セックス経験が少ない方が、ペニスの刺激に慣れていないため敏感に反応してしまう。

 

B元々ペニスの刺激に敏感な方
既婚者でセックス経験は多いのだが、元々ペニスの刺激が敏感な方。

 

仮性包茎の方はあまり必要としませんが、真正包茎の場合は手術をすれば早漏を改善することができる場合が多いとされています。

 

手術まではちょっとという方にはスプレーでシュッ シュッするだけで亀頭の感度を程良く下げる医薬品の「リドカイン」配合のスプレータイプが有効です。

 

スプレータイプ

リドスプレー(LidoSpray)

リドスプレーは、リドカインを主成分とする男性専用の早漏防止スプレー。早漏や仮性インポ状態に効果が期待できます。リドカインは主に局部麻酔剤として、医薬品に広く使用されており、他の麻酔作用と比べると毒性が比較的弱いことで知られています。敏感すぎる亀頭の感度を下げて早漏の暴発を大幅に改善!

 

早漏防止スプレー一覧はこちら

 

 

神経伝達物質の作用が原因の場合
これはどなたでもあるのですがペニスを女性の膣に挿入することにより、脳の神経伝達物質のセロトニンやノルアドレナリンに作用して射精中枢の興奮が高まり射精を促すというものです。

 

@セックス経験が少ない若い方も既婚者など経験豊富な方まですべての方
これは頭で考えるものではなく本能が作用するものなので生理的に反応し射精してしまう。

 

早漏治療の先進国アメリカでは、『ダポキセチン』と呼ばれる早漏治療の成分が早漏男性の射精時間を大幅に延長させると立証されています。
成分ダボキセチンは脳の神経伝達物質のセロトニンやノルアドレナリンに作用して射精中枢の興奮をしずめて、早すぎる射精反応を抑制します。

ダボキセチン

ポゼット60mg (Poxet60mg)

ポゼットは、早漏の治療薬「プリリジー」のジェネリックで、ダポキセチンを有効成分としています。ダポキセチンは世界60ヶ国以上で認可されており、数百万人の早漏症患者に使用された実績があります。ポゼットは長持ちさせるだけでなく、性感と射精感を高めるお薬

 

早漏防止内服薬ページはこちら

 

ED(勃起不全による早漏)
中高年から勃起不全になる方が非常に多くなってきますが、その前兆でペニスが勃起しても以前より硬さが充分出てこない場合があります。その場合ピストン運動していると刺激が強く感じられるため射精までの時間が大幅に早くなる場合が多くなってきます。

 

この場合はバイアグラやレビトラ、シアリスなどのED治療薬と呼ばれる医薬品が早漏を大幅に改善します。

ED治療薬

カマグラ(100mg)

カマグラは、世界的に有名なED治療薬『バイアグラ』のジェネリック薬品です。主成分シルディナフィルの働きにより、血管を拡張させることで十分な勃起へと導きます。

 

バイアグラ、レビトラ、シアリスの一覧はこちら

 

ストレスや不安による早漏
最近は仕事や人間関係でストレスが溜まるケースが増えつつあります。ストレスがたまるとそれがED(勃起不全)とつながります。

EDになるとどうしても早漏になります。
男性はリラックスしたときに女性を誘ったり、女性から性的な誘いを受けたりすると、副交感神経は陰茎海綿体の平滑筋を弛緩させてペニスに血液を送りこみ勃起させます。

 

しかし、そんなときに本人が意識していない緊張状態がまだ続いていたとしたら、ペニスは勃起出来ないことがあります。
これがストレスによるED症状で、そのストレス原因が不明な場合も多々あります。

 

若い方で経験の少ない方が、セックスに対して不安感や緊張感の為EDになったりする場合があります。
また青年、中高年の方が就業時間が終わり本来はリラックスする場面ですが、仕事中のストレスを引きずっているときも緊張状態がまだ続き交感神経がまだ活発化している場合があります。

 

そういう時は、勃起改善の特効薬であるバイアグラ、レビトラ、シアリスなどのED治療薬が、セックス時のストレスを取り払ってくれる場合があります。

 

結果的に早漏防止、早漏改善につながります。さらに元々早漏気味の場合は、バイアグラなどの『ED治療薬成分』と早漏治療の成分『ダポキセチン』の両方が含まれているダブル効果の医薬品が効果が出てきます。

ED治療薬と早漏防止薬のダブル効果

スーパーPフォース100mg+60mg

ED治療薬のバイアグラ主成分シルディナフィルと早漏防止成分ダポキセチンを含有したED&早漏の治療薬です。勃起を促進しながら、性的な感度を鈍らせることで、射精に至るまでの時間を3〜4倍に延長します。

 

早漏+ED改善の一覧はこちら

その他
セックスは好きで積極的にやりたいが、どうしても性感染症がトラウマになりセックスを楽しめないため早漏になる方がいます。副交感神経(リラックス時に働く)が働かなくなってしまうケースです。

 

最近では10代後半から20代前半の女性の約4割近くが性感染症にかかっていると言われています。そういう女性と性交渉をすると自分もクラミジア、尖圭コンジローマや淋病などの性感染症になってしまいます。
自分の嫁さんや恋人に知られるとマズイなど本人が意識していない緊張状態がまだ続いていたとしたら、ペニスは勃起出来ないことがあります。
これは過去に性感染症にかかった方に多いみたいです。

 

このケースは性病の感染予防と避妊効果の高い早漏防止コンドームがおススメです。

 

避妊目的にいつもコンドームを使っている方は、今までの避妊効果と早漏防止に効果があります。イボつきのため女性が感じやすくなっているのもうれしい配慮です。

早漏防止コンドーム

早漏防止コンドーム

早漏防止コンドーム(KamaSutralLonglast)は、早漏防止やHIVなどの性感染症の防止、避妊の機能を持つハイブリットコンドーム。麻酔成分ベンゾカインが男性器側に塗布されており行為中の感度を抑えることで、勃起時間の持続を高めるコンドームです。更に、イボ付き形状のため女性の性感も刺激します。

 

早漏防止コンドームページはこちら

女性の愛液が少ない場合
女性の膣内はいつもウエット状態になっておりますが、性行為に及びますと膣内は愛液で濡れてきますがあまり濡れてこない方がいます。

先天性に濡れ方が極端に少ない方がいます。また後天的に濡れ方が少なくなる場合があります。これはホルモンの関係によるものです。

 

極度なダイエット、更年期、ストレス過多、加齢。そんなことが影響してきます。
男性が勃起しにくくなるメカニズムと一緒ですね。脳とホルモンの密接な関係があります。
それから当然ですが、体内の水分が足りなくなると濡れにくくなります。特にダイエット中の場合などです。

 

女性が濡れていない場合、ピストン運動をしても引っかかるような感じで、大分強い刺激となり早漏になってしまう場合があります。
女性が痛がったり、苦痛を訴えたりするため楽しめる時間が無くなるのも早漏の原因となります。

 

そういう時は女性に塗る潤滑剤が効果があります。
KYジェリー(KY Jelly)を使うことでスムーズな挿入とピストン運動となりますので快感も増幅し早漏も改善します。
女性だけではなく、男性も使うことのメリットが出てきます。

女性用潤滑剤

KYジェリー(KYJelly)

KYジェリー(KY Jelly)は、不感症の女性の方で性行為時に濡れにくく痛みを伴う場合や、性交痛を持っている方など、性行為中に利用することで潤滑剤として活用でき、痛みを軽減することができます。潤滑効果によりスムーズなピストン運動となりますので射精するまでの時間が長くなります。

 

KYジェリーページはこちら

女性にとってセックスは大切な行為

以前見たお悩み相談ですが・・・

 

 

付き合い始めたころの悩み

 

最近付き合うようになった彼ですが会うたびに私の身体を求めてきます。
私というより女性の身体を欲しいため、私と付き合っているのでしょうか?
会うたびに身体を求められるので困っています。

 

 

 

結婚してしばらくしてからの悩み

 

最近彼が私をかまってくれません。
以前は毎日求めてきたのですが、最近は2週間に1回とか1月に1回あるかどうかです。
私が誘っても、「疲れたから・・・」などと拒否されます。
以前は丁寧にやってくれたのが、今は手抜きで前戯もなく挿入してもすぐイッテしまいます。
凄く不満です。

 

 

こんな感じの相談だったと思いました。同じ人の投稿で若い時でセックスが苦痛だったころのものと、結婚してから旦那さんがあまりセックスをしなくなったのと前戯の手抜きをし、更に早漏が不満になった妻のものです。

 

女性は強い牡が好きです。

 

結婚生活も長くなれば、手抜きは出てきます。しかし女性は早漏は勘弁してほしいと思うそうです。
ペニスを挿入して1分ももたない。2〜3分もたたないで射精して終了。

 

もう少し頑張ってくれ!と思うそうです。

 

女性は「自分がイク前に男性が先にイってしまったらその男性は早漏」という意見を持っています。
男女間においてセックスの満足度は非常に重要なものです。
自分だけ射精してそのままセックスを終えているようでは、二人の関係はまずくなる可能性は高くなります。

 

離婚した女性にその理由を尋ねると『性格の不一致』という言葉が返ってきますが実際には『性生活の不一致』の場合も多いそうです。

 

離婚に至らなくてもよほどのことがない限り相性が悪いと考え、元カレとヨリを戻したり、浮気をするなり別のパートナーを探す女性もいるそうです。

 

一度でもイった経験を持つ女性ならそれは尚更です。イクことの気持ちよさを知っているわけですから、いざセックスとなればその快感を味わいたいのです。

 

最近では女子会と呼ばれる飲み会の話題でも「私の彼氏すぐにイっちゃうんだよね〜。もう少し頑張ってもらいたいのだけど・・」などと、セックス時の相手の不満や愚痴を言い合ったりしているようです。

 

でも現在は早漏は改善・防止できます。

 

自分に合ったやり方で早漏を治し『早打ち君、早漏君」と呼ばれないよう』頑張りましょう!